大木建設は建設土木の工法、設計、施工と総合的な技術力と実績で環境の創造をご提案します。

採用情報

先輩社員の声

圓谷 裕太

photo
私の学生時代
私は専門学校で建築を2年間学びました。二年次には卒業制作で模型と設計に追われ友達などと毎日遅くまでやってました。自分で設計した建物の模型をどのように造り上げていくか色々考え、時間を忘れて製作していました。
どのような就職活動を行いましたか
就活をするときに自分はどのような仕事をしたいかを考え、何も無い敷地から建物ができていく過程に携わりたいと思い施工管理を選びました。色々と悩んだ時期もありましたが先生に相談し、覚悟を決めて大木建設の採用試験を受けました。
現在の仕事内容について教えてください
最初に任されたのが朝礼の挨拶と工事写真を撮ることです。工事写真は搬入した材料や施工している状況を撮り、検査員に見せたりするので大事な証拠写真です。図面をチェックし、自分の知識や職人とのコミュニケーションをはかり自分のレベルアップにつながります。
学生へのメッセージ
現在就職困難の中地震の影響で又更に厳しい状況が続くと思いますが、諦めないでいけば、きっと自分の力にもなると思います。入社、する前に友達と旅行に行ったりして色々な思い出を作ってきてください。社会人になると自分の時間があまり取れないのであるうちにしたいことをしてきてください。

小野寺 由晃

photo
私の学生時代
私は、大学に入学して初めて「建築の意匠」について学び、その世界に没頭していきました。設計課題で作った作品や、講義で学んだ建築物について、友達たちと侃々諤々の議論をして行く中で、さらにその世界に没頭していきました。
どのような就職活動を行いましたか
大学4年間で建築を学び、経験したことを踏まえ、まず私は、将来どのような事を仕事にしたいかを考えました。その結果、実際に建物を造ることに携わることだと気付き、造る過程全てに携われる大木建設の採用試験に臨みました。
現在の仕事内容について教えてください
職人さんと、打ち合わせの場や現場でコミュニケーションをとること、全体朝礼で、その日の注意事項の伝達、工事写真の撮影、工事に必要な資材の発注です。 実際に建物ができるのは職人さんが居てこそです。もちろん知識は必要ですが、どのように「伝えれば」より良く造っていけるのかを大事にしています。
学生へのメッセージ
就職活動という人生の分岐点に立たされ、皆さんは悩み、苦しんでいる日々を送っているかもしれません。しかしその困難がきっと皆さんを一段と成長させる機会になると思います。後悔が無い様、やりきって下さい。